ブレーキの種類と構造について

| 未分類 |

ブレーキの種類は大きく分けてドラム式とディスク式の二種類があります。
ドラム式の構造はドラムの中にライニングと呼ばれるものを開いてタイヤの回転を止めます。構造的に自己サーボ効果が起こるので強い制動力を得ることが出来ます。強い制動力が得られる反面コントロールがしにくいです。主に車体の重たい車の後ろ側に取り付けられています。気を付けなければいけないことは内側から制動するので熱がドラムの中にたまってしまい利きが悪くなりやすいことです。ワイヤーでシューを動作させるものなので緊急的に止まる際に止める役割もあります。
次にディスク式についてです。キャリパーと呼ばれるものがパッドを押しディスクを挟むことでタイヤの回転を止めます。キャリパーの動き方によって片押し式と対向式の二種類に分けることが出来ます。ドラム式と異なり、自己サーボ効果が無いので制動力自体は弱いのですが、ディスクがむき出しなので放熱性がよく利きが悪くなりにくいです。ただし、油圧で動かしているので、多用しすぎるとフルードが沸騰してしまい、ベーパーロック現象を起こしてしまいます。
コントロール性がいいのでスポーツカー、軽い車などに使われています。