ディスクブレーキの仕組みと役割

| 未分類 |

現在の車のほとんどに採用されているのがディスクブレーキシステムです。
ディスクローターという丸い金属の円盤がタイヤを取り付ける部分についています。
このローターを挟み込むようにブレーキキャリパーという物がついていて、その中にはブレーキパッドが取り付けられています。
ブレーキペダルを踏んだ際には、油圧によりブレーキキャリパー内にあるピストンが押し出され、それに伴いブレーキパッドも押し出されます。
そうするとタイヤと一緒に回転しているディスクローターが挟み込まれることになり、これによって生じる摩擦の力によって回転運動にブレーキをかけるという仕組みになっています。
このシステムは従来採用されていたドラムブレーキシステムに比較しても放熱性、整備性、制動性に優れています。
しかしながら、ディスクをパッドで挟み込んで摩擦でスピードを殺すということは、両者ともに摩耗するということです。
ですので、ディスクローターもディスクパッドも定期的にチェックを行い、厚みが規定以下になった際には交換が必要となります。
ブレーキパッドには様々な材質の物があり、自分の走りのスタイルに合わせて選んでみるのもいいかもしれません。
注意点としては、ディスク自体とディスクパッドに油分がつかないように注意するということです。
油分がついてしまうと摩擦の力が弱まってしまい、ブレーキの制動力が低くなってしまいますので事故の危険性が高まってしまうからです。沖縄02