ドラムブレーキの仕組みと役割

| 未分類 |

ドラムブレーキの働きを簡潔に書くと以下のようになります。
運転手がブレーキを踏むとブレーキフルードが加圧され、ホイールシリンダピストンが飛び出ます。
そうするとブレーキシューが押されて開き、ブレーキドラムと接触してブレーキがかかるというわけです。
ブレーキ自体がドラムの内部に密封されているため放熱性が悪く連続使用すると制動力が落ちるのが難点です。
ディスクブレーキに比べ、部品が簡単なので安価なのが良い点です。
以上の点を考え、今は前がディスクで、後ろがドラムの車も少なくありません。
構造としてはタイヤの内側にドラムと呼ばれる円盤状のケースが取り付けられています。
そのドラムがブレーキのカバーであり、その中にブレーキ機構が収まっています。
ホイールシリンダ、ブレーキシュー(ライニング)、ブレーキドラム、リターンスプリングから成り立ちます。
原理を詳しくいうと、ホイールシリンダ内のブレーキ液に伝わった圧力がホイールシリンダに伝導します。
すると両端にあるピストンが飛び出しブレーキシューを押して開かせます。
ブレーキシューはブレーキドラムの内側にあります。
つまり、ドラムにブレーキシューが接触することでブレーキがかかるのです。
結果として車輪の回転数が高ければ高いほど制動力が増します。