エンジンブレーキの仕組みと役割

| 未分類 |

エンジンブレーキは、走行スピードに対してエンジンの回転が低いことを利用して、エンジンの力で車を制動する方法です。緩やかに制動することができるので、滑りやすい路面の場合や、下り坂などでは非常に重宝する制動の方法です。
エンジンはその力をクラッチと変速機を使用して、車輪に動力として伝えます。通常は走行速度とエンジンの回転数が途中のギアを使用して一定になっているものです。しかし、途中で加速する場合にはアクセルを踏んだり、ギアを上げて対応します。又制動する場合にはブレーキを踏んで速度を制御します。
しかし、エンジンの回転数が走行に必要に足りない場合には両輪に制動がかかってしまうのです。その効き方が非常に緩やかなため、下り坂や滑りやすいところでもスリップする危険性は低くなっています。その為、下り坂で速度を制御したい場合や、滑りやすい場所を走行する場合に使用する方法です。エンジンで減速することでタイヤのグリップ力を深め、より安全に走行できる効果もあります。
但しこのブレーキでは制動力が非常に緩やかなため、ショックが少ない代わりになかなか減速しないといった点もあります。正しくブレーキを使い分けて、適切な距離で制動が可能な運転を心がけることが大切です。沖縄01