フットブレーキの仕組みと役割 

| 未分類 |

フットブレーキは、自動車の運転中に減速・停止させる場合に足で操作するもので、一般的には単に「ブレーキ」と呼ぶことが多いです。
現在の乗用車で利用されているブレーキには、ディスクブレーキとドラムブレーキのがあります。
ディスクブレーキとは、車輪と一緒に回転している円盤(ブレーキローター)を、 両外側から挟んで減速させるもので、両側から挟む摩擦材をブレーキパッドと言います。
ドラムブレーキとは、車輪と一緒に回転する円筒(ドラム)の内側から摩擦材を押しつけて減速させるもので、摩擦材はブレーキライニングと言います。
ディスクブレーキは外側から、ドラムブレーキは内側から摩擦を加えて減速させます。
ブレーキパッドやブレーキライニングは摩擦で、減っていくので交換が必要になります。交換が遅れるとブレーキ作動時に「キーキー音」が発生したり、更に交換が送れると、走行しているだけでキーキー音が発生するようになります。また、交換の遅れはディスクローターやブレーキドラムに損傷を与えることがありますので、早期の交換が必要となります。
山道等でブレーキを酷使すると、フェード現象(制動力が低下すること)やヴェイパーロック現象(完全に制動力が失われること)が発生する恐れがあります。そのため、エンジンブレーキ(エンジンの抵抗によって生じる制動作用)を併用することが、雪道などにも効果があります。???? Vol.5 ??????